ニキビができる様々な原因1

ニキビができるには多くの原因があります。どの原因が元になってできるかは人それぞれですが、思い当たるものがあれば、改善していくようにすると、ニキビが治るのも早くなります。

一つ目の原因としてはホルモンのバランスが崩れるという事があります。人の体内には、男性ホルモンと女性ホルモンという2つの物質がありますが、このバランスが崩れると、ニキビになりやすくなります。特に、生理の前後などは、ホルモンバランスが崩れやすいです。

次にストレスです。他の多くの病気にも関係する事が多いストレスですが、ニキビにも大きく関係しています。過度なストレスを感じると、体内でそれに対抗しようとし、活性酸素という物質が多く発生します。

活性酸素は体内で様々な悪影響があり、ニキビも生じやすくなります。ストレスでのニキビは、ストレスによる症状の初期の症状で、更に大きな病気に繋がる事もあるため、気を付ける必要があります。なるべくストレスは、発散しましょう。

次に便秘です。便秘になると、体内の老廃物や毒素が上手く排出されず、体内に滞留してしまうため、その影響が肌にも現れてきます。そのためニキビもできやすくなってしまいます。

特に女性は便秘になりやすく、便秘は肌に影響が出やすいというのは、こうした仕組みによるものです。なるべくお通じを良くする事を心がけましょう。食物繊維の多く含まれる食事にしたり、体を冷えた状態にすると、便秘になりやすくなるため、温かくしておきましょう。

紫外線もニキビの大きな原因です。目には見えませんが、紫外線は肌に大きなダメージを与えています。皮膚には細胞がありますが、この細胞が、紫外線によって徐々にダメージを受けています。

肌が敏感な方は、この紫外線によってニキビができやすくなる事もあるため、なるべく紫外線対策をして外出をするようにしましょう。特に夏場などは、紫外線の量も多くなるため、注意が必要です。日傘や帽子、日焼け止めなど、市販の日焼け止めグッズを活用しましょう。

メニュー

ページの先頭へ