ニキビを悪化させないメイクとは

ニキビの治療に皮膚科などに行くと必ず言われるのが「お化粧はダメ」という言葉です。お医者さんから「洗顔したら薬を塗るだけにして、治るまではお化粧は止めてください」と言われても、現実問題、明日から職場にスッピンで行けといわれても「無理」だと思います。

ニキビがひどい場合は、ニキビを隠して少しでもきれいな肌に見せたいからこそメイクをするのですから。では、ニキビを悪化させずにできるメイクはあるのでしょうか。

まず大切なのは、自分の肌に合う化粧品を選ぶことですが、特にニキビ肌の人には「ノンコメ」「抗酸化」「ノンケミカル」の化粧品が大前提の化粧品選びとなります。

ノンコメとは、ノンコメドジェニックといってコメドができにくいもので、UVカット化粧品は紫外線吸収剤を含まないものを選びます。これは毛穴をふさいだり、肌によけいな刺激を与えないようにするためです。

次に抗酸化です。最近のファンデーションは高機能化されているので、酸化しにくく毛穴をふさがないものも増えてきました。汗をかいて皮脂と混じり合うとどうしても酸化が進むのでこまめにメイク治しは必要になります。

メイク直しをする時には、油とり紙で皮脂を押さえるという人が多いと思います。しかし、ニキビができている場合には、化粧水を含ませたコットンなどで皮脂が多いTゾーンを拭き取り、保湿クリームを薄く塗った上から、パウダーで押さえるとより清浄効果がアップします。

ノンケミカルというのは、ニキビで敏感な肌になった状態でケミカル化粧品を使うと化学物質などの刺激で、さらにニキビを悪化させてしまうからです。できるだけ敏感肌用のノンケミカル化粧品を使いましょう。

メイクをする時の道具にも気を配りましょう。ファンデーションのスポンジやパウダーのパフ、メイクブラシなどは直接肌に触れるものです。

汚いまま使い続けると雑菌が繁殖して、肌への刺激となります。汚れが目立ってきたら、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で押し洗いや降り洗いをして、日陰の通気性のおう場所で十分に乾かしてから使うようにしましょう。

メニュー

ページの先頭へ